MENU

出産費用ってどのくらい?

マタニティライフでは、赤ちゃんができるのが楽しみで楽しみで仕方ないと思います...が、出産費用を考えると、いきなり現実に引き戻されてしまいますね。

 

今回は、出産費用について考えてみたいと思います。

 

 

子供ができて出産までにかかる費用をまとめてみます。

 

金額については、それぞれ人によって変わってきますので目安としてくださいね。

 

妊娠してからの費用としては、検診費用、入院・分娩費用、マタニティ用品、ベビー用品などが挙げられます。

 

 

まず、検診費用になりますが、妊娠中期までは月1回、その後は2週間に1回、臨月は週1回となりますから、合計で10〜20回程度で、合計すると7万〜15万円前後になります。

 

次に入院・分娩費用ですが、健康保険は適用されませんので32万円〜40万円前後となります。

 

帝王切開の場合は保険が適用されますが、異常もないのに帝王切開することはもちろんできません。

 

 

次にマタニティ用品が出産費用としてかかりますが、下着やマタニティウエアなどでは、個人差はありますが2万円〜5万円程度だと思われます。

 

 

さらにベビー用品が出産費用としてかかりますが、肌期やおむつカバー、カバーオール、ベビーバス、体温計、ベビー布団、おもちゃ、だっこひも、ベビーカー、チャイルドシートなどで5万〜10万円程度となるでしょう。

以上を合計すると50万〜70万円前後となるのではないでしょうか。

 

出産一時金は、35万円ですのでまかないきれないのですが、出産手当金が出る場合は充当できるでしょう。

 

また出産でいただく祝い金なども充当できます。

 

 

さらに、誕生後の紙おむつ代や粉ミルク代が月に1万〜2万円かかります。

 

 

また、少しからでも子供の育英資金の貯蓄を始めておくといいでしょう。この育英資金(貯蓄や学資保険など)は、後になるとすごく助かります。経験済みです。

 

 

これらの出産にかかる費用は、かなりかかることになりますので貯蓄を取り崩す人も多いようですね。

 

もしかして、妊娠の前から計画的に貯金しなければならないのかも...!!

出産費用ってどのくらい?関連ページ

出産準備OK?いよいよです...!
マタニティライフ…楽しみですね。 でも、特に初めての妊娠だったら、いろいろと不安があると思います。 妊娠中の注意事項やどんな悩みがあるのか?とかを、事前に学習しておくことはとても大事なことです。 妊娠するとまず生理が止まり、今まで経験した事のない妊娠特有の体の変化や症状に驚く事もあるでしょう。その時になって慌てないように、このサイトがお手伝いします。
出産一時金がありますよ!
マタニティライフ…楽しみですね。 でも、特に初めての妊娠だったら、いろいろと不安があると思います。 妊娠中の注意事項やどんな悩みがあるのか?とかを、事前に学習しておくことはとても大事なことです。 妊娠するとまず生理が止まり、今まで経験した事のない妊娠特有の体の変化や症状に驚く事もあるでしょう。その時になって慌てないように、このサイトがお手伝いします。