妊娠 出産

MENU

妊娠・出産における問題点記事一覧

 

マタニティライフの中でも、大変に厄介なもののひとつに「妊娠線」があります。妊娠線対策として、現在では、妊娠線対策のクリームが多く出回っています。妊娠線クリームでのケアは、ある意味で妊娠線対策唯一の方法とも言えるでしょう。また、バランスの良い食事を心がけることも大事です。体重増加によって皮下脂肪が増加すると妊娠線が出来やすくなってしまいますので、カロリーの高いものは控え、なるべく体重増加を抑えるよう...

 
 

マタニティライフで、出血があるとちょっと驚いてしまいますよね。しかし、妊娠中の出血は必ずしも深刻なものではありません。ただし素人考えで判断するのは一番いけませんので、かかりつけの医師に連絡を取って受診するのが基本です。妊娠中におおよそ2〜3割の妊婦さんが出血を感じるようです。妊娠中の出血の主な症例には、着床出血・妊娠月経・絨毛性出血・子宮頚管ポリープ・膣炎・膣びらん・子宮外妊娠などが考えられます。...

 
 

マタニティライフをハッピーに過ごしている人は、何も20代、30代の人ばかりとも限りません。最近は、女性の働く環境が整備されてきましたので、結婚そのもが以前よりは高年齢化したり、子供を作るのが遅くなったりする傾向が強まっています。40代の妊娠も、全く珍しいことではなくなっています。今回は、高齢出産の話題をお伝えします。高齢出産とは、統計学上または医学上、女性が35歳以上で子供を産むことを言います。こ...

 
 

マタニティライフも終盤に入り、いよいよ出産......ところがっ!逆子!!今回は、骨盤位から生れるという、いわゆる逆子についてのお話です。逆子出産とは、骨盤位(逆子)で生まれることをいいます。通常では頭部から出産する場合は、呼吸の自立(圧迫されることにより自立的な呼吸が促される)を考えると経膣出産が望ましいとされています。しかし、逆子出産の場合は赤ちゃんで一番大きい部位が頭であるため、逆子で生まれ...

 
 

マタニティライフの最終到着地である「出産」。出来れば普通分娩で出産したいですよね。しかし、いろいろな事情で帝王切開にせざるを得ない場合も生じます。帝王切開とは、出産の際に自然分娩が難しいと判断された場合に子宮を切開して出産させることをいいます。帝王切開という言葉はドイツ語の「Kaiserschnitt」が語源とされています。「Kaiser」=皇帝(帝王)、「Schnitt」=手術からこの名称になっ...

 
 

無痛分娩というのをご存知でしょうか?それはやはり、痛いよりは痛くないほうがいいわけなんですが...、。無痛分娩というのは、出産する時の痛みを取り除く出産方法です。具体的にいうと、麻酔を使用して痛みをなくし、出産をスムーズに進めるという方法です。無痛分娩は、日本ではそれほど普及してはいません。しかし、欧米では主流の出産方法となっています。それでは、どうして日本では欧米ほど無痛分娩が奨励されないのでし...

 
 

無痛分娩というのは、言葉だけを聞くとなんかいい感じなんですが、リスクというのはないんでしょうか?リスクがないなんてことは実際はあるはずないですし、日本でそれほどポピュラーになっていないことからも、リスクとうものがあるのでしょう。出産は、以前ではある意味命がけ...という時代もありました。出産時であったり、産後の肥立ちが悪いなどで実際に命を落とす母子も少なくありませんでした。医学の進歩によって出産時...