妊娠 注意事項

MENU

妊娠中の注意事項記事一覧

 

マタニティライフ中は、つわりなどもあって中々思うように食事を摂れないかもしれませんが、胎児の栄養ということを考えれば、そうとばかりも言っていられません。しかし、やたらと食べれば良いというわけでもなく、栄養の面なんかにも注意を払いながら生活しなければなりません。また、食事面だけではなく、妊婦はいろいろな面で注意が必要です。妊娠中の注意点を考えてみました。妊娠中の食生活は、まず塩分の摂り過ぎを防ぐこと...

 
 

マタニティライフにおける、一番重要な事ってなんでしょうか?健康被害などが叫ばれ、禁煙がブームになったり、タスポカードがないと自販機でタバコが買えない、などなにかと喫煙に関する話題が多いですよね。最近は、男性ばかりでなく若い女性の喫煙が増えていますが、胎児や赤ちゃんには大問題です。妊娠中の喫煙や間接喫煙は、胎児に苦しみを与える結果とになります。実際、苦しむ姿が超音波で見てみると確認できるのだそうです...

 
 

マタニティライフ中に、ちょっと調子が悪くて薬を飲もうかな?と思うことがあるかもしれませんね。しかし、妊娠中は注意しすぎることはありません。どんなことにも注意を払わなければいけませんよ!!どんな薬でも、100パーセント安全と言い切れるものはありませんが、現在売られている市販薬は、催奇形性について調べることが義務付けられていますので、実験や臨床試験を通して、副作用よりも効能のメリットのほうが高いと判断...

 
 

妊娠線ができてしまい、お悩みの方も多いと思います。妊娠線ができてしまう仕組みを考え、妊娠線を予防する方法を探って見ます。人間の皮膚は表皮、真皮、そして皮下組織から成り立ってます。人間の皮膚ですが、妊娠して腹部が大きくなるにつれて表皮は伸びることができるものの、真皮や皮下組織の一部は伸びにくいために亀裂が生じてしまい、赤紫色の線状斑が現れてきます。結果として、それがいわゆる妊娠線というものになってし...

 
 

妊娠線でお悩みの妊婦さんは、結構多いと聞きます。妊娠線は、とにかくできないような対策を常にしておくことが、最重要課題です。マタニティライフの最中は、何かとストレスがたまり、そこまで気が向かないという妊婦さんもいらっしゃるでしょうが、できてしまうと後々消すことが難しいですので、できないように頑張りましょう。前回もお話したとおり、皮膚というのは、表皮、真皮、皮下組織の3層からできています。妊娠中にお腹...

 
 

妊娠線は、できてしまうとちょっと厄介ですね。お悩みの妊婦さんも多いことでしょう。妊娠線は、お腹が急速に大きくなるスピードに皮膚がついていけないため、亀裂が生じてしまうことが原因でできてしまいます。一回できてしまうと元にもどらないために、妊娠線ができないようにするには、できてしまう前から万全の対策をつくすことです。その予防方法を考えてみましょう。まず一番目に、体重管理を徹底して急激に体重が増えないよ...

 
 

喫煙が人間の身体に及ぼす影響は、たくさんあるのはよく知られていますね。当然、妊娠している人が喫煙した状況である妊娠喫煙は、胎児に影響がないということはありえません。もちろん妊娠喫煙が胎児に及ぼす悪影響は限りないものがあります。例えば妊婦が、1日20本ほど妊娠喫煙をした場合を想定すると、妊娠喫煙をしなかった妊婦に比べて、自然流産のリスクが2倍も高くなるというデータがあります。また、妊娠喫煙が常態化し...